tkr:

Twitter / 115changE: 文豪といえば、青年時代の川端康成氏は、何度見てもダルビッシュ …

tkr:

Twitter / 115changE: 文豪といえば、青年時代の川端康成氏は、何度見てもダルビッシュ …

(gkojaxから)

713 リアクション

可能性を与える事って選んで上げる事ではなくて承認して上げる事やと思うなり。☞

以前雑貨屋で見た親子のやり取りをひとつ。

どうしても欲しくて、頼んで頼んでようやくお許しをもらった少女が選んできたのは、何種類かの昆虫を象ったシールだった。
体の模様にはキラキラした加工がされている。
少女にはまるでダイヤモンドのように見えたのかもしれない。
期待に満ちた表情で母親の元へ持っていくと、商品を目にした母親は吐き捨てるように言った。

「女の子が虫なんてやめてよ。本当にセンスないわね。」

わたしはこの瞬間、いくつかの可能性が消えてしまったことを悟った。
まず、母親に自分の好きなものを否定されたこと。
これは少女が母親から与えてもらう愛情に限界を感じてしまったのではないかということ。
親が思うより子供は、言われた言葉の意味をよく理解し、心の奥にしみ込ませながら生きている。
たった一言と思うかもしれないけれど、ふわふわのスポンジみたいな心には深い傷ができてしまっただろう。

それから、虫が好きなのがいけないと言われたこと。
例えばこの子が本気で虫を追いかけ続けた場合、将来虫に携わる職業についていたかもしれない。
そんな大げさなところまではいかずとも、理科の授業が好きとか、虫取りをするのが上手いとかそんな未来があったかもしれない。

『女の子が虫なんてやめてよ。』と母親は言ったがなぜ女の子が虫を好きになってはいけないのか、私には正直わからない。
それより女であることに固定概念をもつ母親に、これから選ぶ物を否定され続けるのではないかと思うと胸が苦しい。

そしてセンスが無いと言われた事。これは特に可哀想だった。
自然界から生まれた昆虫の造形の美しさ、立体的でビーズを置いたような加工の細やかさ、これらに気づいた少女の審美眼はまちがいないと私は思っている。
事実あの商品は老若男女問わずヒットしている商品だった。

センスがないのは母親の方だ。
つまらない枠に捕われて、豊かな個性を毎日じわじわと全力で潰しに掛かっていることに気づいていない。だれか指摘してやって欲しい。
でなければ、少女の何もかもが塗りつぶされていくにちがいない。

もしあの子が母親の影響を受けても屈しない自我と勇気があるなら、それはとても幸せで、同時にとても孤独かもしれない。

だって家族に理解されないという事は世界の半分を失ったようなものだからだ。

結局あの子はバレリーナのシールを買ってもらった。

一つだけ好きなものを買ってあげると言われたのに

選んだのは母親だった。

絹と井戸: 未来をいくつか潰した話  (via jan3rdmix)

母もそうやって潰されたのやろ。

(via kaori-shiratama)

これは何かをジワジワ抉られる感ある…

(via smms333)

ラスト2行が短く本質を捉えていると思う

(via 46187)

(quote-over100notes-jpから)

3,142 リアクション

フレディマーキュリーの死後、彼の部屋から大量の乾燥した葉が大量に発見された。
警察は「すわ、大麻か?」と疑い、鑑識に鑑定させた結果、
全て日本茶だった。

フレディマーキュリーの死後、彼の部屋から大量の乾燥した葉が発見された - ヒロイモノ中毒 (via darylfranz)

(kikue33333333から)

1,910 リアクション

chick-tack:


猫さんたち その2


(zenigataから)

128 リアクション

Valley of Dolls from Fritz Schumann on Vimeo.

Ayano Tsukimi (64) is living in Nagoro, a village in eastern Iya on Shikoku, one of the four main islands of Japan. Not many people are still living there. For those who die or move away, Ayano Tsukimi is making lifesized dolls in their liking and puts them in places that were important to them. The dolls are scattered around the whole valley.

She is married, but her husband and daughter are living away from her in Osaka. She’s living alone with her 83 year old father in the house of her family.

0リアクション

Berndnaut Smilde - Making Clouds from The Avant/Garde Diaries on Vimeo.

The Dutch artist brings a luminous weather phenomenon indoors, but only for a moment. And that’s precisely the point. More on theavantgardediaries.com

Produced & Directed by Julia Wilczok and Maria Judice / Filmed by Fridolin Schoepper / Edited by Konterfei / Sound by Kevin Pate / Music by Carlos Bruck / Cover photo by Berndnaut Smilde / Special thanks to Meg Shiffler, James Baldocchi & the SF War Memorial and Performing Arts Center

Follow us!
facebook.com/THEAVANTGARDEDIARIES
twitter.com/theavgd

0リアクション

yungsang:

ニャア大佐 | 猫柳ぶろぐ

(zenigataから)

801 リアクション

(元記事: mokzo (zenigataから))

419 リアクション

rageblackinmind:

Twitter / TIGO_lugnasad: Go To DMC!! Go To DMC!! …

く、くらうざーさん?

rageblackinmind:

Twitter / TIGO_lugnasad: Go To DMC!! Go To DMC!! …

く、くらうざーさん?

(zenigataから)

600 リアクション

replore:

Twitter

replore:

Twitter

(zenigataから)

123 リアクション